働く女性・育児中の女性・願張る女性を応援します。高齢者様や事業所様も是非ご利用下さい。 - 会津の片付けサポート・家事代行 ちひろ

片付けモニター報告!!第2回目

こんにちは、快適空間づくりと片付け掃除のサポーターうすがみです。

いつも会津の家事代行ちひろをご愛顧ありがとうございます。

 

猛暑の日本列島、 いかがおすごしですか?

 

皆さまにおかれましては健やかに過ごされていることでしょう、寒暖の差に影響されない心身と住まい環境を整えて、快適な夏を満喫したいですね(#^.^#)

 

夏休み中・お盆に向けて、片付けと大掃除の依頼を承り中です。

 

さて

片付けモニター報告 第2回目です。5月のレクチャーと作業の様子です。

 

 

5月某日 第4日目

この日はクローゼットがある6畳間子ども部屋に取り組みました。大人3人で丸々一日7時間かかりました~~(´;ω;`)

まず、ゴミの山ですので、スリッパで足を守りながら部屋の中に移動です。

「あ~、○○ちゃん来ないでほしい」と私達。

そうなんです、子ども部屋に玩具がたくさんあるから、尚更お子様も出入りしますね。

(#^.^#)笑顔でこどもをあやしながらの作業がはじまりまーす。

退屈させないように時々遊んであげる私と親御さん(#^.^#)

お子様がいつも真似して、ほうき持ったり、エプロンしてマスク姿になると可愛いんですよ((´∀`*))

 

 

ゴミは散乱している状態で、洋服、玩具、文具、おむつがごった返し!!ざらざらと汚れも目立ちます。

物が多いと掃除面倒だなあとおもいませんか?

そうなんです。一回一回片付けをしながら毎回掃除をするのが億劫になっちゃいますよね。

こちらのお宅も毎回の片付けが困難であるのと家事にも手が回らない多忙さで、掃除を後回しにしてしまったのではないでしょうか?!

 

よく見ると、お布団が二枚敷いてあり、そのうえで飲食した形跡がありました。カビ・・・!?

これは不用品とゴミだけかなと感じました。

そこで、すべてが不用品とおもいきや、依頼者より「要る物です」、「あ、これも要るです」と・・・。

明らかに洗濯しても役立たない状況ですが、これは、物の処分の判断は依頼者、つまり所有者による判断ですから、取り置きます。

 

 

こまか~い玩具や小物たちを分別するのですから、地道な作業が続き一日かかってしまいます。

手首から先が、よく動かしますから筋肉痛です( ノД`)

小さな玩具や小物たちでも、一回一回依頼者に確認しながら進みます。

汚れたお布団だけは、衛生上もよろしくないので、スタッフとともに、うんこらせ袋詰めです。(処分)

 

 

食べかすやカビのはえているタオル・汚れがしみ込んでいるタオル類の他に

もうすでに子どもさんが成長して着られなくなった衣類と、現在着れる衣類、

これから要るであろう新品衣類が一緒に放置状態!!

 

 

これについては、

①使えない衣類だけ抜く⇒処分

②残りの衣類を分別 サイズ合わないもの・今使用中・これから要るもの

③タンス引き出しの中の衣類も同様に分別

④ タンス引き出し丸ごと拭き掃除

*拭き掃除には、食品戸棚や冷蔵庫にも使用できる「セスキ」スプレー式で二度拭きなし!*

⑤子ども服・タオル類をきちんとたたんで縦置き収納

*靴下・肌着・上着・季節上着・ズボンに分けて収納です*

 

 

ようやく床が見えてきましたので、玩具ボックスや机等移動しながら掃除機かけと床磨き。この時もセスキ一本でオッケー👌

 

この日、敷いてあった布団の下の床は、食品のこびりつきや、埃等ですから、おおざっぱな床磨きで終了!!

 

 

5月某日  第5回目

天候も暑さが増している。キッチンやリビングには、

いつも食品のごみや生ごみ、おむつ等汚物がありますから、臭気も気になります。

ただちに窓を開ける習慣にさせていただきました。

先日、汚れた布団等粗大ごみの搬出と、多量の不要な衣類のごみ袋がでました。

家の中に一時置きにしていましたが、可燃物の袋を搬出しました。

 

 

さあ、子ども部屋のクローゼットとキッチン脇の物置の片付けです。

「あれ、収納少ないですね??? 」  と私達。

そうなんです。子ども部屋のクローゼットが小さいのです。

「押し入れはここですか???」と、子どもの落書きがいっぱいの扉を指さしました。

家中の扉には多量の物が袋に入れられてぶら下がっていたんですね~。

ここ数日間の間にほとんど外しましたが、大量のものがぶら下がっていたんですよ。

 

依頼者いわく、「ここは部屋です。奥に結構広いクローゼットがあります。」

 

( ノД`)(´;ω;`)( ノД`)

 

開けてもらってびっくり!!

 

正直に言いますね。6畳ほどの部屋でしたが、天井までゴミが山積みなんです( ノД`)

息をのみ質問

「これはなんでしょうか?」

 

「ほとんどゴミです。不用品ばかりです。要るものがゴミに埋もれちゃって取り出せないんですよ。数年間の生活から出る可燃ごみ・不燃ごみです。」

 

「・・・・。」

 

 

私達は、これは家庭で出せるゴミの量を超えていると判断し、依頼者に提案することになりました。

当初依頼を承っておりますのは、キッチンまわりとリビングの片付け・こども部屋でした。

しかしながら、大量のゴミを放置しては

①衛生上問題であること

②火災等の危険性が高いこと

③すべての部屋がつながっているので家相上良くないこと

④この機会を先延ばししても一人で解決困難であること

⑤収納できるクローゼットや6畳間が使用できないまま

 

このようなことを優先に、行政機関やダスト収集目的の業者に依頼し、

すべての部屋のごみ撤去と、数年間放置の家の掃除を提案しました。

 

これには、少々経費もかさむことが予想されましたから、依頼者も考え検討する時間が要りました。

検討材料に見積もりが必要でしたから、

市役所廃棄物対策課より指定業者を教わり見積と家事代行ちひろで打ち合わせすることになったのです。

結構高額です( ノД`) 搬出する人夫料金も易いものではありませんでした。

判断は依頼者ですが、実施の方向性は見えています。

依頼者の上記の問題点を事例をだして説明し、スタッフの機転もあり依頼者も納得し、

ゴミ収集業者に依頼する方向になりました。決定は6月5日でした。

 

 

 

5月某日  第6回目

毎日のキッチン周りを掃除の力で衛生的に、かつスッキリ使いやすくする。これが目的です。

本日はキッチンでの物の把握です。

あります、あります、少人数家族なのに、食器、マグカップ、グラス、鍋、

調理器具、スプーン類、日用雑貨

おもちゃ、ベビー用品、使わなくなった哺乳瓶や離乳食セット、テッシュ、

書類、何等かの鍵等、賞味期限切れ食品。

 

みなさんのお宅には使わない食器や貰い物、賞味期限切れた食品はないですか?

 

私と依頼者はとにかく

欠けた食器・グラス・不要なベビー用品・調理器具・鍋を処分し、

迷うものは取り置き、私達が使いづらいと判断したキッチン用品を別枠にまとめようとおもいます。

しかしながら私達は、物置とキッチンに分かれて作業することにしました。

( ノД`)二人がキッチンに立てないんです。

依頼者はキッチン用品と物置両方の分別判断で右往左往状態・・・(#^.^#)

さあ、分別です。まずは、

①欠けたもの、汚損の激しいものを処分

②今、気に入って使っているものを取り置く

③新品でも心ときめかないもの・使う予定なしを処分

④迷うものは残す(断捨離は処分が目的ではなく、快適な状態を作り出すプロセスですので、

分別も徐行状態でいいんです。*のちに再度断捨離します)

 

引き出し毎、すべて物をとりだし、空っぽにします。そして、収納スペースをあらためて確認してもらいます。

物の量も確認します。本日は分別と収納スペースの清掃でした。

((´∀`*))依頼者もうんうん、やる気スイッチが入りキッチンの清掃です。

見ていてもはりきり具合が違いますね~、片付け掃除は誰もが出来るんです(#^.^#)

 

スタッフの方の物置のかたづけは?

 

はい。大量に物が収納されていました。ここも数年間あけたことが無い状態で、

使用していないというもったいない状況ですので、丁寧に依頼者に聞き取りながら、分別です。

 

どおりで、ベビー用品やおむつ。日用品、季節用品のストーブ、掃除機や掃除用具、

洋服が出しっぱなしだったわけです((´∀`*))

今回で解決です。スタッフが丁寧に念入りに片付け、掃除してくれました。

依頼者とともに(‘◇’)ゞ汗を流し始めました(;^ω^)

つづく・・・。

 

あ、(・□・;)洗面所・・・お風呂場・・・・まるで水害の後の家庭みたいに物があふれています。

 

 

 

5月某日  第7回目

スタッフと依頼者による片付けです。

本日は、そう水害時の家庭のようにものが散乱し、歩けない状況の洗面所とお風呂場です。

不燃物が多かったそうです。バケツ、数々の洗濯かご。

洗濯していない衣類やバッグ、タオル、バスマットやトイレ用品など撤去し、ようやく清掃に取りかかります。

まあまあ、同じような洗面用品や大量の洗剤のストック!!

どこの家庭でもこれは良く見かける光景ですよね?

もらいもののアメニティー多くないですか?

買い置きの日用品多くないですか?

あなたの必要なスペースを奪われていませんか?

 

スタッフに苦労したところを聞いてみると、

バケツの中に得たいのしれないものがあったり、

水溜まりスペースには大量のぼーふらがわいていたそうです。(-_-;)💦

お疲れ様でした(;^ω^)

依頼者も洗面所とお風呂場には困っていたそうで、すっきり磨きあげられました。

依頼者と依頼者の家族の方々の表情が明るくなっていくのをみていると私達もうれしくなります。

 

 

 

住まいは精氣・元氣・鋭氣を養うところです。

素敵で素晴らしい家族のための空間です。

スッキリと衛生的にして、綺麗好きの神様が喜ぶ住まいになりますと、

身体だけでなく心もすっきり明るく意欲的に暮らしを楽しめるのではないでしょうか?

 

このたび、

こうして子育てサポートとして特別料金で快適空間づくりと片付けサポートをさせていただきました。

訪問し、依頼者と家族の方々と片付けモニターとして接することで、

ますます片付け掃除の他人からのサポートの大切さを再認識しました。

そして、何より私が依頼者より学び気づいたのは、親御さんの子供たちへの愛情の深さです。

家の中は片付いておらず不衛生な状態で問題点は大ありでしたが、

ここに至るきっかけや背景をお聞きして、

どんなに多忙でも、かけがえのない家族とのコミュニケーションと触れ合い、

遊びを大事にして暮らしていることに感銘を受けました。

子どもたちの明るい笑顔が屈託のないありのままの表情で、親御さんとの信頼関係がものすごくよく仲が良い。

遊びをとうして運動もできているし、チャレンジ精神?好奇心旺盛でとても子供らしいのです。

 

本来、子どもは大人の理解を超える存在ではないでしょうか?

未知・無知のことが多いのは当たりまえの世界がこともたちだから、

構ってほしいときに親御さんが家事や仕事で忙しく子どもの話を聴いたり、

遊んであげれないのは親にとっても損失です。

どんどん成長しいずれ自立していく子供たちとの時間はわずかです。

目先の煩雑な用事に氣を奪われて大切な触れ合いを見逃している気がします。

私は苦い経験をしてそう思います。

教育資金や暮らしの安定のための仕事で大事な子どもとの時間を見逃して仕舞った!!!(´;ω;`)と

あとになって気付いたのです。

 

「大人の都合・イライラを子どもたちにむけないで」

「家事や仕事よりも、私達こども時代の成長をともに楽しむことが大事よ」

 

と子供たちが教えてくれた気がします。

 

(理由はまた後程)

 

つづく。